お試しに最適!簡単調理用「とんそく」セット

◆「炙り豚足120g」が欠品中につき、12/15(水)からの販売再開を予定しております◆

ぽん酢で下味をつけた骨抜きタイプの「骨抜き炙りとんそく」は、手間をかけずにしかもお箸で食べることができます。また、6分割にして骨がほろりと外れるまで煮込んだ骨離れタイプの「やわらか一口とんそく」は、臭みを抜いただけで味付けしていないので「ちょい足し」感覚でいろいろなアレンジ料理に使えます。栗山ノーサンの看板素材「とんそく」の中でも、プロの料理人向け商材として売れ筋商品である2種類の下処理済とんそくを5パックずつセット。

他商品との組み合わせで一度の送り先の金額が5,000円以上になると更に送料無料になります。

セット商品
骨抜き炙りとんそく120g×5パック
やわらか一口とんそく220g(4ピース)×5パック

商品特徴
骨抜き炙りとんそく120g

骨を抜いて食べやすくした「とんそくの栗山ノーサン」のシンボル的な商品。炙ってポン酢で下味をつけていますので、そのままでも更に味をのせてアレンジ料理も思いのまま。袋のまま流水で解凍して「コリコリ食感」と、袋のままお湯で温めて「プルプル食感」の2通りの食べ方があります。なお一度温めた本品にピクルスやスープを定量テリーヌ型に流し込んで冷蔵庫で冷やしこむとオシャレなテリーヌが簡単にできちゃいます。ぜひ、チャレンジしてみてください。調理例写真「冷製とんそくの野菜和え」「簡単トマト煮込み」。

<食べ方のコツ>
解凍は袋のまま水かお湯で行っていただくことをお勧めします。電子レンジをご使用の場合は袋から取り出すか、袋の端をカットしてください。その場合多少臭いが出る場合があります。

冷製「コリコリ食感」でご賞味の場合、刻んで和え物にすると超スピード料理としてもお役に立ちます。野菜、松前漬けなど食感を生かしていろんなメニューに使用できます(調理例写真参照)。また、醤油や生姜などで味付けしたたれに5分程度漬け込み下味をつけることもできます。

温製「プルプル食感」でご賞味の場合、トマトソースに豆や蒸し鶏などと一緒に本品をチョイスるだけで簡単にカスレ風のトマト煮込みとんそくの出来上がり。とんそくnightでは一番人気メニューです(調理例写真参照)。

賞味期限:365日 
原材料名:豚足(国内産)、醤油、食塩、果糖ぶどう糖液糖、柑橘果汁、醸造酢、調味料(アミノ酸等)、香料、(原材料の一部に大豆、小麦を含む)
保存方法:-18℃以下(冷凍)

商品特徴
やわらか一口とんそく220g

骨から身がほろりと外れる、柔らかくてジューシーな「とんそく」。臭みを抜いて一晩水煮しました。味がついていないのでカレーやおでんなど「ちょい足し」感覚で手軽にいろいろな料理に使えます。調理例写真は「オイルソテー」「中華餡」「グリーンカレー」。

<解凍のコツ>
なるべく袋のまま流水で一度解凍してから料理に使用してください。もしくは凍ったまま袋から出して調味液中で解凍すると、下味付する工程を省くことができ便利です。解凍に電子レンジをご使用の場合は、袋の端をカットするか更に移し替えてラップをしてください。ただし稀に加熱中「ボン!」と音がする場合があります。骨に含まれる水分が膨張するためです。

<調理のコツと注意点>
下味をつける際は、解凍した状態で調味液や塩水を入れた鍋で10分間煮込んで冷ますことで味が染み込みます

焼く、揚げるの際は油ハネにご注意ください。水分を十分ふき取ったうえ薄力粉や片栗粉をつけましょう。ソテーする場合はオイルをひいたプライパンに冷めた状態からとんそくを置いて、蓋をして加熱して焼き目をつけてください。下味をつけない場合は、香辛料や塩は少し多めに!

表面カリッ!中トロトロにしてポン酢やマスタードで食べるのは定番ですが、とんそく南蛮(弊社HPにレシピ公開中)、グリーンカレー(調理例写真参照)、トマトソース、チリソース、キムチ、トムヤンクン、おでんなどいろんな料理に「ちょい足し」。炒めた玉葱、エノキをのせて「中華餡とんそく(調理例写真参照)」もおすすめです!!

賞味期限:365日 
原材料名:豚足(国内産)
保存方法:-18℃以下(冷凍)
  • 2,500円(税込)